名古屋市のSONY販売店 カトーデンキのホームページへ

VAIOのおすすめカスタマイズ

ビジネスノートパソコン「VAIO」のレビューと失敗しないカスタマイズ例を紹介!

SNSの投稿やデータ保存に「Feedly」を使ってみよう!

VAIO S Line 3機種の新モデルが2017年9月(2017年秋モデル)に発表されました。新たなLTE機能や高速SSDを選択可能に!

【ソニーストア】S11

【ソニーストア】S13

【ソニーストア】S15

Feedlyの導入方法を以前紹介しました。

Feedlyの導入記事はこちらから。
すごく使える!RSSリーダー「Feedly」の導入方法

Feedlyは、ネット上に点在する情報サイトをまとめるという意味でも便利ですが、SNS(Twitter・Facebookなど)への投稿もすばやく便利におこなえます。

feedly1

Feedlyの一部サービスは有料になりますが、ユーザ数の多い「ツイッター」や「フェイスブック」への投稿は無料です。

今回は、SNSへの投稿方法と利用できるサービスについてまとめてみました。

※記事中の画像クリックで拡大表示できます。

2016年10月現在のFeedlyサービスのまとめです。

Feedlyサービスの更新などによって説明している画像と内容が異なる場合があります

利用できるサービスについて

Feedlyに登録してあるお気に入りサイトの記事を開きます。

記事を開くと、上部メニューから各サービスが可能です。

20161021_102613

  • Evernote(*1)
  • Buffer(*1)
  • e-mail
  • Hootsuite(*1)
  • Linkedln(*1)
  • Twitter
  • Custom Sharing(*1)
  • Facebook
  • Google Plus
  • Instapaper(*1)
  • OneNote
  • Pocket
  • Readability(*1)
  • WordPress(*1)
  • Pinterest

(*1)は有料サービスです。

Feedly Proへアップグレードして利用することが可能です。

Feedly Proの詳細については、後述します。

Feedly 無料サービスの活用

Feedly Proへアップグレードしない場合で使えるサービスは

  • e-mail
  • Twitter
  • Facebook
  • Google Plus
  • OneNote
  • Pocket
  • Pinterest

6つのサービスを使うことができます。

e-mailの使い方

20161021_113411

「Share via email」を選択すると、上記のウィンドウが出てきます。

初期設定では、Gmailが設定されています。

GoogleアカウントでログインしてGmailから記事のリンクアドレスを任意の相手に送信できます。

メールソフトをGmailから変更したい場合

初期設定のGmailを変更したい場合は、サービスメニュー内の「Personalize」を選択します。

20161021_124550

設定メニューの中に上記「Email Provider」の項目があります。

「Gmail」から「Native Mail Client」へチェックを変更します。

20161021_123947

そうすることで、Feedlyのメール機能を起動時に、上記のように任意のソフトから選択をできるようになります。

普段、OutlookやWindows Live mailを使っている方はこの設定にして任意のソフトを選択してください。

Twitterの使い方

20161021_125152

「Share to Twitter」を選択します。

つぶやきたい記事のタイトルとリンクアドレスと「#feedly」のタグが自動で作成されます。

内容はツイートする前に変更ができるので、リンクアドレス以外は変更しても良さそうです。

送る内容が確定したら、「ツイート」をポチッと押してツイート投稿を行います。

20161021_130122

20161021_130307

無事に投稿完了です。

Facebookの使い方

20161021_131058

「Facebook」から入るとそのまま投稿が行えます。

公開方法を指定したりコメントを書いたりして、Facebookへ直接投稿できます。

Google Plusの使い方

20161021_132552

Google PlusはFacebookのような投稿画面です。

公開方法の指定とコメントを書いて、「共有」で公開されます。

One Noteの使い方

One NoteとFeedlyを連携させると、自分のノートにウェブページをスクラップする感覚で使えます。

Feedlyメニューから「One Note」を選択します。

20161021_112857

「はい」を選択して先に進みます。

20161021_112922

記事左上に「〇〇さんのノートブック/クイックノート」と表示されます。。
※〇〇はユーザ名です。

左上に表示されている項目に「Create new section」という項目があります。

「One Note」へ保存してからカテゴリー別に仕分けされるので、クリックしてカテゴリーを作成しておきましょう。

20161021_112956

今回は「SONY」というカテゴリーを作成して保存します。

20161021_113126

One Note上では「SONY」というカテゴリーに分けられて記事を保存できました。

One Noteでは、記事のちょっとした編集も行えます。

自分の中でスキルの向上やネタ帳としての情報収集には便利なツールです。

20161021_141942

同一カテゴリーに2つ目の記事を保存してみました。

ネット上で調べたことを保存してノートとして使えるので勉強にも使えてすごく便利だと思います。

Pocketの使い方

20161021_134949

Pocketはログインしておけば、ワンクリックで処理完了です。

ログインには、Googleアカウントが使えるので、ログインも簡単だと思います。

20161021_135050

Pocketは自分のページにマイリストに保存して、管理するイメージです。

但し、One Noteのように自由度は高くないです。

Pinterestの使い方

20161021_145502

Feedlyメニュー内には無いですが、記事内の画像にマウスを持っていくと、上記画像のように左上に「Pin it」と表示されています。

それが、Pinterestを使うための入り口になっています。

20161021_145712

ログインはFacebookアカウントがあれば新規作成しなくてもログイン可能です。

ログインすると、「新規ボードを作成」をクリックして保存先の名前を決めます。

20161021_150220

インスタグラムのような自分のページのボードに保存した画像が表示されています。

友達や知り合いとシェアできる場所として、「いいね!」やフォローも出来ます。

写真を使ったコミュニティーには結構使えそうな場所でした。

Feedly 有料サービスについて

20161021_151843

Feedlyは有料版である「Feedly Pro」へアップグレードすることで様々な特典がついてきます。

2016年10月現在では、

Feedly Proは月単位での契約で利用料金は7ドル/月です(日本円で約750円)

年単位での契約で利用料金は5.41ドル/月です(日本円で約560円)

クレジット払いもOKです。

Feedly Proへアップグレードを行うと、いくつか使える機能が増えます。

IFTTTが使えるようになるので、IFTTTのレシピを書けば、Facebookページを自動更新するといったこともできるように。
正直、個人的にProで魅力を感じるのはIFTTT連携くらいです(正直に書きすぎた)。

有料版に価値を感じるかどうかはIFTTTやEvernote、SNSなどのサービスの使い込み具合とも関係する部分ですね。

気になるサイトが更新されたかわかれば良いという方は、無料版で十分便利です!
Feedly様ありがとうございます。

  • Evernote(*1)
  • Buffer(*1)
  • Hootsuite
  • Linkedln
  • Custom Sharing
  • Instapaper
  • Readability
  • WordPress

EvernoteやWordPressとの連携が取れるようになるので、データ保存などの作業効率はかなり上がりそうです。

まとめ

今回はFeedlyを使ってSNSへの投稿や本体への保存方法をまとめました。

個人的な意見では、無料版でも結構使えるサービス内容でした。

SNSもFacebookやTwitterがあれば便利に使うことができると思います。

情報を見てからFeedlyからそのままSNSへ投稿できるのも魅力でした。

各記事のページにSNSへのシェアボタンなどが無い場合は、Feedlyのサービスの良さだと思います。

Feedlyをとことん使いたい場合は、Proへアップグレード推奨です。

Feedlyを導入しよう

すごく使える!RSSリーダー「Feedly」の導入方法

VAIO S Line 3機種の新モデルが2017年9月(2017年秋モデル)に発表されました。新たなLTE機能や高速SSDを選択可能に!

【ソニーストア】S11

【ソニーストア】S13

【ソニーストア】S15

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

VAIO Z フリップモデル
メモリーアップグレードキャンペーン実施中(2018年1月18日(木)9:00まで)
「16GB」:通常販売価格30,000円 ⇒ 10,000円

VAIO Z クラムシェルモデル
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO S11(2017年秋 新モデル発表されました)
SSDアップグレードキャンペーン実施中(2017年11月30日(木)9:00まで)
「第三世代ハイスピードSSD 256GBへアップグレード」:通常販売価格20,000円 ⇒ 17,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GBへアップグレード」:通常販売価格60,000円 ⇒ 55,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TBへアップグレード」:通常販売価格125,000円 ⇒ 118,000円

VAIO S13(2017年秋 新モデル発表されました)
SSDアップグレードキャンペーン実施中(2017年11月30日(木)9:00まで)
「第三世代ハイスピードSSD 256GBへアップグレード」:通常販売価格20,000円 ⇒ 17,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GBへアップグレード」:通常販売価格60,000円 ⇒ 55,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TBへアップグレード」:通常販売価格125,000円 ⇒ 118,000円

VAIO S15(2017年秋 新モデル発表されました)
SSDアップグレードキャンペーン実施中(2017年11月30日(木)9:00まで)
「第三世代ハイスピードSSD 256GBへアップグレード」:通常販売価格30,000円 ⇒ 27,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GBへアップグレード」:通常販売価格70,000円 ⇒ 65,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TBへアップグレード」:通常販売価格135,000円 ⇒ 128,000円

VAIO C15
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO Z Canvas
販売終了しました

VAIOロゴ入りPCケースプレゼント
キャンペーン期間中にVAIO S11・S13のいずれかを購入すると、先着順でVAIOロゴの入ったPCケースをプレゼント。
数量限定により無くなり次第終了するのでご注意を。キャンペーン期間:2017年9月21日(木)PM1:00~無くなり次第終了

VAIO買い替え応援キャンペーン
最終査定金額に+5,000円の下取りキャンペーンです。

ソニー製の一部(*1)VAIOは、最終査定金額に+7,000円で下取りを行います。
VAIO Zの場合は、最終査定金額に+10,000円で下取りを行います。

(*1)ソニー製VAIO DUO、VAIO Pro、VAIO Fit、VAIO Tapシリーズ

お支払方法で「ソニーストアお買物券」を選択すると、「現金」よりさらに10,000円を加算してVAIOやソニー商品の購入に使えるお買物券を発行しています。

キャンペーン中は最大で20,000円お得になります。

キャンペーン期間:2017年9月1日(金)AM9:00~2017年12月25日(月)AM9:00

過去に実施されたキャンペーンを確認してみる。

      2016/10/28

 - VAIO ,