名古屋市のSONY販売店 カトーデンキのホームページへ

VAIOのおすすめカスタマイズ

ビジネスノートパソコン「VAIO」のレビューと失敗しないカスタマイズ例を紹介!

VAIO S11とVAIO S13を徹底比較【使用感レビュー編】

VAIO S11は2017年9月に新モデル(2017年秋モデル)が発表されました。これまでのS11を強化し「新たなLTE」を搭載した話題のモデルになっています。最新モデルはソニーストアで販売中。

VAIO S11 S13
お店にいらっしゃった方から「VAIO S11とVAIO S13どっちが良いのか?」という趣旨の質問をよく聞かれます。

そういうときは、まずは用途を聞きます。用途に応じてどちらをオススメするか変わってくるからです。

VAIO S11とVAIO S13はそれぞれ特徴があり、得意な分野、不得意な分野が分かれています。

今回は、そんなVAIO S11とVAIO S13の比較と、実際の使用感をレビューしていきます。

スペック比較はこちら。

VAIO S11とVAIO S13を徹底比較 【スペックレビュー編】

本体の大きさや質量から選ぶならVAIO S11

VAIO S11 S13 2
VAIO S11とVAIO S13の最大の違いは本体の大きさです。

VAIO S11は軽さと小ささを追求したモデルです。

持ち運ぶときはもちろん、作業時もコンパクトになっています。

VAIO S11 S13 3
VAIO S11のほうが一回り小さいですね。

VAIO S11 S13 8

VAIO S13はA4よりもすこしだけ大きいサイズです。

VAIO S11はA4サイズ以下です。

重さについて

VAIO S11とVAIO S13の重さを一覧にしました。

機種 重量
VAIO S11 約0.92~0.94kg
VAIO S13(タッチパネル無) 約1.06kg
VAIO S13(タッチパネル搭載) 約1.19kg

ソニーストア「VAIO S11」スペック表

ソニーストア「VAIO S13」スペック表

タッチパネルがあると、ディスプレイにタッチセンサーの層を増やさないといけないので、重さが少し増えてしまいます。

重さについては、他社のパソコンと比べてすごい軽いということはなく、少し軽い部類に入るくらいです。

ただ、以前の業界最軽量をうたっていたVAIO Pro11/13シリーズと比べると、VAIO S11やVAIO S13のほうが丈夫さや剛性が高くなっている印象です。

VAIO S11はガラス繊維入りの強化樹脂が本体のベースになっているので、以前と比べて少し重くなりましたが、引き換えに剛性を手に入れたことになります。

キーボードが広々としていて使いやすいVAIO S13

実はこのサイトの記事はVAIO S13を使って書いています。

5月ごろからずっとVAIO S13を使ってきて感じるのは、キーボードの操作性やディスプレイの視認性が文章を作成するのに本当にちょうど良いということです。

特に文章作成という面でVAIO S11と比較すると、VAIO S13の使いやすさは強く感じます。

VAIO S11 S13 5
VAIO S11のキーボードに手を置いてみました。

線で囲ってみるとこんなイメージです。

身長170cm(あくまで目安(笑))の筆者の手だと、写真のように親指・人差し指あたりが狭く感じます。

VAIO S11 S13 4
VAIO S13で同じような写真を撮ってみました。

VAIO S11と比べて、広さが全然違うのが分かっていただけるでしょうか?

VAIO S13のキーボードはこだわりポイントのひとつです。

キーを打ったときの音を分析して、ノイズを低減するように部品を加工するなど、心地よい打鍵音が追求されています!

現在のビジネス向けのVAIOの開発姿勢から感じるのは、「思考を邪魔するものを排除する」ということです。

CPUなどのスペックの高さから豊富な拡張端子類、ボディの剛性の高さ、キーボードの打ちやすさ、そして打鍵音まで。

使用者の思考のリソースを、目の前の作業に最大限使えるように考えられているわけです。

若干話がそれてしまいましたが、VAIO S11は、本体の大きさの問題から長時間文章を打つといった作業にはあまり向いていません(11インチのモバイルノートなので仕方がないところです。)

出先で長めの文章を書いたりすることがある場合は、VAIO S13のほうがオススメです。

持ち運ぶ時に傷がつきにくいのは?

VAIO S11とVAIO S13はどちらも持ち運びしやすい機種です。

よく持ち運ぶ機種で気になるのは、使っているうちに自然についてしまう傷や汚れですよね?

VAIO S11 S13 6
VAIO S11とVAIO S13のパームレスト部は対照的な仕様になっています。

VAIO S11のパームレストは、天板などと同じくガラス繊維が入った強化樹脂の素材が使用され、マットで傷がつきにくい素材です。

VAIO S13はヘアライン加工されたアルミ素材です。パームレストに手を置いたときに、アルミの心地よい冷たさを感じる事ができます。

VAIO S11とVAIO S13を持ち運んだ場合、傷がつきやすいのはVAIO S13のように思います。

VAIO S11は全体がガラス繊維が入った強化樹脂の素材のため、傷がつきにくいのと、傷がついたとしても目立たない印象です。

少し語弊があるかもしれませんが、VAIO S11はパソコンの傷などをあまり気にしない人、またはいちいち気にしていられない現場で使用する人向けです。

VAIO S13も傷がつきにくいと思いますが、VAIO S11のほうが強い印象を受けます。

VAIO S11とVAIO S13の使用感について

VAIO S11の使用感

VAIO S11 S13 10

VAIO S11のキーボード

VAIO S11は11インチのモバイルノートということもあり、キーボードが少し小さいです。
キーとキーの距離のことをキーピッチと言いますが、約17mmです。ちなみに標準的なキーボードは約19mm。

たった2mmの差と思うかもしれませんが、左手の小指から右手の小指の間にある10個のキーで2cm違います。

慣れの問題もあると思いますが、デスクトップなどと使い分ける場合には、VAIO S11のキーボードは少し打ちづらいかもしれません。

ただ、普通のキーボードが少し大きく感じるという女性の方には丁度良いかもしれません。

VAIO S11のタッチパッド

タッチパッドは手の母指球が触れないギリギリの大きさになっています。

なので、11インチモバイルノートでも、しっかりとしたタッチパッドの面積を確保しています。

タイピング時に手がタッチパッドに触れてしまうと誤入力のもとになりますが、VAIO S11ではそういった誤入力を防ぐ、誤タッチ防止機能がついているのがうれしいところです。

VAIO S11のタッチパッドは1枚の板ですが、しっかり硬めの素材が使用されていて、クリックした際にたわむことなくクリックできます。

タッチパッドの素材なのか、タッチパッドの後ろのバネ(?)の違いかはわかりませんが、以前のVAIO Pro 11/13シリーズよりもクリックの感触は良いと思います。

VAIO Zシリーズのタッチパッドの感触と似ています。

VAIO S11のディスプレイ

VAIO S11は車内や机のない場所での作業がしやすいように考えられています。

机がないときに、ももの上に置いて作業することがありますよね?

ディスプレイの開く角度が浅いと見づらかったりします。

VAIO S11は約145度まで開きます。

なので、ももの上に置いたVAIO S11のディスプレイを見やすい角度に調整できます。

液晶表面は低反射コート(ノングレア加工)となっているので、映り込みは抑えられています。

VAIO S11商品情報ページ

VAIO S13の使用感

VAIO S11 S13 11

VAIO S13のキーボード

VAIO S13のキーボードは長時間使用も念頭においた設計になっています。

それぞれのキーには防汚コーティングが施されていて、指紋も付きにくく、皮脂油によるてかりを防いでくれます。

文字をたくさん打つパソコンのキーボードはどうしても手垢で汚れがちになったりするので気遣いがうれしいですね。

少し汚れていると、ちょっと気になったりして、ほんの一瞬作業や思考が止まったりすることはあると思いますが、

VAIOの開発理念から考えると、キーの汚れで作業を止めてしまうということも避けたいという気持ちがあるのだと思います。

キーボードの基本設計部分であるキーピッチ(キーとキーの距離)やキーストローク(キーの沈む深さ)、キーの打鍵音、パームレストの角度など、文字を快適に打つための事が考えられています。

VAIO S13のタッチパッド

タッチパッドは左クリックと右クリックが用意されています。

確実に右クリックと左クリックが可能です。

右クリックと左クリックが別で用意されていることで、左クリックしたと思ったのに、右クリックしていて作業が止まるということも減ると思います。

個人的にはVAIO S11のように1枚のタッチパッドのほうが使いやすいと思いますが、ここは好みの問題ですね。

VAIO S13のタッチパッドもVAIO S11と同じように、誤タッチ防止機能が搭載されています。

VAIO S13のディスプレイ

VAIO S13には2種類のディスプレイがあります。

タッチパネルを搭載するかどうかで決まります。

タッチパネル有の場合、タッチの精度の関係上、ノングレア加工(映り込みにくくなる)が出来なくなってしまいます。

光沢液晶のため画面の表示は綺麗です。一方、結構映り込みもあります。

タッチパネル無しの場合、ディスプレイはノングレア加工となります。

表面に光を拡散する加工をしているので、映り込みが抑えられています。

VAIO S13商品情報ページ

VAIO全機種を使って分かった個人的な評価・魅力まとめ

VAIO 次期モデルの発表時期について予想してみた! 【2016年12月ver】

バッテリーの持続時間比較

VAIO S11 S13 バッテリー
実際に実機で起動して計測していますが、基準や方法はふんわりしてます!

開くファイルサイズや、その他タスクの状況により変動すると思うので、あくまで参考程度にしてください。

今回の「リアルな作業環境」を想定した(というか作業のついでに行った(笑))比較実験の結果は、VAIO S11のほうが優秀な結果となりました。

ちなみにカタログの公称値はこちらです。

VAIO S11 11.0~15.2時間 VAIO S11のスペック表
VAIO S13 8.2~10.5時間 VAIO S13のスペック表

カタログの数字からも、今回の実験からもVAIO S11のほうがバッテリーの持ちが良いです。

S13のバッテリーについての記事あります。
VAIO S13搭載バッテリーを実際体感!バッテリー長持ちの秘密とは?!

VAIO S11とVAIO S13。簡単な選び方チェックリスト

「VAIO S11とVAIO S13でまだ迷っている」「どっちを選んだら良いの?」という方のために、ビジネスの現場を想定したチェックリストを作ってみました。

VAIO S11とVAIO S13のチェックリストがあります。

VAIO S11のチェックリスト

  • 駐車中など車内で使う
  • 作業する場所に必ずしも机といすがあるとは限らない
  • 出先では確認もしくは簡単な修正、編集ができればよい
  • デスクトップもしくは他のノートパソコンとの併用を考えている
  • 工事現場などで使う

VAIO S13チェックリスト

  • メインPCとして考えている
  • カフェやホテル、自宅、オフィスなどイスと机がある場所で作業する
  • プログラミングや文章の作成など長時間キーボードを使用する
  • 画面は大きいほうが良い
  • タッチパネルがあると便利かもしれない(例えば写真などにペンで書きこんで修正の指示を出すなど)

どちらに多くチェックが入りましたか?
当てはまるほうが多いほうがオススメ機種になります。

VAIO S11商品情報ページ

VAIO S13商品情報ページ

関連記事

VAIO S11とVAIO S13を徹底比較 【スペックレビュー編】

VAIO S13 バッテリー持続時間について

圧倒的な人気!VAIO S13の人気な理由

VAIO Sシリーズ。公式HPのデータ比較&個人見解

VAIO S11とMacBookAir11と比較してみました。

VAIO S13とMacBookAir13と比較してみました。

VAIO S11 ソニーストアカスタマイズ・購入

20160721_113453

ビジネス全方位コンパクトVAIO S11 「VJS1111」

VAIO 最軽量だから味わえるビジネスライフを実現!VAIO唯一の1kg以下の高機動モバイルPCです

VAIO S11 ソニーストア

>>VAIO S11 カトーデンキ実機レビューへ
>>VAIO S11 ソニーストア カスタマイズポイント

VAIO S13 ソニーストアカスタマイズ・購入

vaio-s-13-image

使いやすくてストレスフリー VAIO S13 「VJS1311」

どこでも本領発揮のマルチモデル。
最も支持されているVAIO

図3

>>VAIO S13 カトーデンキ実機レビューへ
>>VAIO S13 ソニーストアカスタマイズポイント

VAIO全機種を使って分かった個人的な評価・魅力まとめ

VAIO 次期モデルの発表時期について予想してみた! 【2016年12月ver】

台数限定モデルが発売

2017年1月31日から「VAIO Z 勝色特別仕様」「VAIO S13 オーナメント仕様」が台数限定で発売されました。

VAIO Z 台数限定の「勝色特別仕様」発売!など、2017年2月~VAIO情報まとめ

VAIO S11は2017年9月に新モデル(2017年秋モデル)が発表されました。これまでのS11を強化し「新たなLTE」を搭載した話題のモデルになっています。最新モデルはソニーストアで販売中。

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

VAIO Z フリップモデル
メモリーアップグレードキャンペーン実施中(2018年1月18日(木)9:00まで)
「16GB」:通常販売価格30,000円 ⇒ 10,000円

VAIO Z クラムシェルモデル
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO S11(2017年秋 新モデル発表されました)
SSDアップグレードキャンペーン実施中(2017年11月30日(木)9:00まで)
「第三世代ハイスピードSSD 256GBへアップグレード」:通常販売価格20,000円 ⇒ 17,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GBへアップグレード」:通常販売価格60,000円 ⇒ 55,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TBへアップグレード」:通常販売価格125,000円 ⇒ 118,000円

VAIO S13(2017年秋 新モデル発表されました)
SSDアップグレードキャンペーン実施中(2017年11月30日(木)9:00まで)
「第三世代ハイスピードSSD 256GBへアップグレード」:通常販売価格20,000円 ⇒ 17,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GBへアップグレード」:通常販売価格60,000円 ⇒ 55,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TBへアップグレード」:通常販売価格125,000円 ⇒ 118,000円

VAIO S15(2017年秋 新モデル発表されました)
SSDアップグレードキャンペーン実施中(2017年11月30日(木)9:00まで)
「第三世代ハイスピードSSD 256GBへアップグレード」:通常販売価格30,000円 ⇒ 27,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GBへアップグレード」:通常販売価格70,000円 ⇒ 65,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TBへアップグレード」:通常販売価格135,000円 ⇒ 128,000円

VAIO C15
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO Z Canvas
販売終了しました

VAIOロゴ入りPCケースプレゼント
キャンペーン期間中にVAIO S11・S13のいずれかを購入すると、先着順でVAIOロゴの入ったPCケースをプレゼント。
数量限定により無くなり次第終了するのでご注意を。キャンペーン期間:2017年9月21日(木)PM1:00~無くなり次第終了

VAIO買い替え応援キャンペーン
最終査定金額に+5,000円の下取りキャンペーンです。

ソニー製の一部(*1)VAIOは、最終査定金額に+7,000円で下取りを行います。
VAIO Zの場合は、最終査定金額に+10,000円で下取りを行います。

(*1)ソニー製VAIO DUO、VAIO Pro、VAIO Fit、VAIO Tapシリーズ

お支払方法で「ソニーストアお買物券」を選択すると、「現金」よりさらに10,000円を加算してVAIOやソニー商品の購入に使えるお買物券を発行しています。

キャンペーン中は最大で20,000円お得になります。

キャンペーン期間:2017年9月1日(金)AM9:00~2017年12月25日(月)AM9:00

過去に実施されたキャンペーンを確認してみる。

      2017/02/06

 - VAIO S11, VAIO S13 , , , , ,