名古屋市のSONY販売店 カトーデンキのホームページへ

VAIOのおすすめカスタマイズ

ビジネスノートパソコン「VAIO」のレビューと失敗しないカスタマイズ例を紹介!

新たなLTE機能が魅力!ハイスペックモバイルPC VAIO S11 【2017年秋発表モデル】スペックレビュー

VAIO S11は2017年9月に新モデル(2017年秋モデル)が発表されました。これまでのS11を強化し「新たなLTE」を搭載した話題のモデルになっています。最新モデルはソニーストアで販売中。

2017年9月21日13:00から、受注を開始した新型のVAIO S11。

今回のモデルでは、デザインを一新したことに加えて、以前から情報が入っていましたが、「LTE」の性能が向上しているという点に注目です。

LTEの性能向上や、改良された点で、今までよりも「持ち運びたくなる」パソコンとして約1年9カ月ぶりのモデルチェンジです。

今回の記事では、新VAIO S11のスペックを個人的な見解も含めて、レビューしていきます。

VAIO S11 2017年秋発表モデルのVAIO社公式スペックや購入はこちら

ソニーストア VAIO S11 商品詳細ページ

ソニーストア VAIO S11 購入ページ

VAIO S11 スペック

前回のモデルからのスペック変更点

まずは、前VAIO S11と新VAIO S11のスペック変更点をまとめてみました。

発売時期 2017年9月発売モデル 2015年12月発売モデル
型番 VJS1121 VJS1111
モデル画像 VAIO S11 BLACK
CPU Core i7-7500U(2.7GHz(最大3.5GHz))
Core i5-7200U(2.5GHz(最大3.1GHz))
Core i3-7100U(2.4GHz)
Celeron 3865U(1.8GHz)
Core i7-6500U(2.5GHz(最大3.1GHz))
Core i5-6200U(2.3GHz(最大2.8GHz))
Core i3-6100U(2.3GHz)
メモリー 16GB(16GB(オンボード))
8GB(8GB(オンボード))
4GB(4GB(オンボード))
8GB(8GB(オンボード))
4GB(4GB(オンボード))
ストレージ 第三世代ハイスピードプロSSD 1TB
第三世代ハイスピードプロSSD 512GB
第三世代ハイスピードSSD 256GB
SSD(SATA) 256GB

SSD(SATA) 128GB
第二世代ハイスピードSSD 512GB
第二世代ハイスピードSSD 256GB
SSD(SATA) 128GB
ディスプレイ 画面サイズ 11.6型ワイド(16:9)
解像度 Full HD 1920 x 1080
画面サイズ 11.6型ワイド(16:9)
解像度 Full HD 1920 x 1080
LTE 搭載(Windows 10「データプラン」対応) 搭載(Windows 10「データプラン」非対応)
キーボード キーピッチ 16.95mm
キーストローク 1.2mm
バックライト搭載
日本語配列
テンキー非搭載
キーピッチ 16.95mm
キーストローク 1.2mm
バックライト搭載
日本語配列
テンキー非搭載
インターフェース SDメモリーカードスロット × 1
USB3.0 × 3
HDMI出力 × 1
有線LAN × 1
ミニD-Sub 15ピン x 1
ヘッドホン × 1
SDメモリーカードスロット × 1
USB3.0 × 2
USB3.1 Type C × 1
有線LAN × 1
ミニD-Sub 15ピン x 1
ヘッドホン × 1
指紋認証 搭載 非搭載
重量 約840g 約920g
外形寸法(mm) 幅 283.4
高さ 15.0~17.9
奥行 195.5
幅 284.0
高さ 16.4~19.1
奥行 190.4
カラー ブラック
シルバー
ホワイト
ブラウン
ブラック
シルバー
ホワイト
ピンク
価格 104,800円+税~(*1) 109,800円+税~(*1)

(*1)発売当時の価格です。
また太字(赤)表記は変更点です。

上記が前VAIO S11(右項目)と比べて、新VAIO S11(左項目)の変更点になります。

それぞれチェックしていきますが、約1年9カ月ぶりのモデルチェンジのため、変更点は多いです。

CPUは第7世代プロセッサーを選択可能に

前回のモデルでは、第6世代プロセッサー(Skylake)を選択していましたが、今回のモデルからは、第7世代プロセッサー(Kaby Lake)を選択可能になりました。

インテルのCPU開発

VAIOをはじめ、パソコンに搭載されるプロセッサーといったら「Intel」です。
ノートパソコンでは、IntelのCore iシリーズが搭載されているものがほとんどです。

CPUの性能を向上させるとはどういうことか?

CPUは、同じ面積の基盤の上により多くのトランジスタを配置できるようになれば高性能化されます。

指標はプロセスルールと呼ばれる数値です。
プロセスルールは最小加工寸法を表しています。
厳密には違うようなのですが、難しそうだったのでそういう風に理解しています。

加工の単位が小さくなればなるほどたくさん敷き詰められるようになるので、性能が向上するわけです。

ちなみに「Skylake」のプロセスルールは14nm。ミリではなくナノメートルです!

nm(ナノメートル)はmm(ミリメートル)の下のµm(マイクロメートル)の下の単位です。
メートルに直すと、0.000 000 001mです。

IntelのTICK-TOCK戦略

Intelの開発スケジュールは、時計の針になぞらえてTICK-TOCK(チクタク)と呼ばれています。
TICKでプロセスルールを微細化し性能向上、TOCKで最適化などによって性能向上という風に進んできたわけです。

現在の14nmは第5世代「Broadwell(ブロードウェル)」から導入されたため、第6世代「Skylake」は「TOCK」に当たります。
とすると、次はTICKなので、プロセスルールの微細化が行われると思いきや、第7世代「Kaby Lake」も14nmのままとなりました。

微細化もそろそろ限界が近いと言われていて「TICK TOCK TOCK」と3ステップ(もしくはそれ以上)での開発に変更となったわけです。

開発中の第8(?)世代「Cannonlake」でプロセスルールが10nmになる予定のようです。

Intel Core iシリーズの開発スケジュール

登場年 TICK-TOCK プロセスルール 世代 マイクロアーキテクチャー
~2010年 TICK 45nm,32nm 第1世代 Nehalem
2011年1月ごろ TOCK 32nm 第2世代 Sandy Bridge
2012年4月ごろ TICK 22nm 第3世代 Ivy Bridge
2013年6月ごろ TOCK 22nm 第4世代 Haswell
2015年1月ごろ TICK 14nm 第5世代 Broadwell
2015年9月ごろ TOCK 14nm 第6世代 Skylake
2016年8月ごろ(*1) TOCK 14nm 第7世代 Kaby Lake
2017年年末(?) TICK 10nm 第8世代 Cannonlake

(*1)Uプロセッサー(超低消費電力版),Yプロセッサー(極低消費電力版)のみ。デスクトップ向けなどは2017年1月発表とのこと。

Intel、Kaby Lakeこと第7世代Coreプロセッサを正式発表 ~Skylakeからビデオエンジンが強化 - PC Watch

おおよそ1年に1度モデルチェンジが行われており、だいたい2年に1度くらいのペースでプロセスルールが微細化されていたのがわかります。

CPUは以前にも増して高性能CPUを選択可能

今回のモデルから、第7世代プロセッサーを搭載できるようになったことで、CPUのクロック周波数などが以前よりも向上しています。

新VAIO S11で搭載できるもので最大2.7GHz(ターボブースト利用で、最大3.5GHz)の高性能CPUを選択できます。

プロセッサー名 インテル® Core i7-7500U プロセッサー インテル® Core i5-7200U プロセッサー インテル® Core i3-7100U プロセッサー インテル® Celeron プロセッサー 3865U
動作周波数(クロック周波数) 2.7GHz
(ターボブースト利用時:最大3.5GHz)
2.5GHz
(ターボブースト利用時:最大3.1GHz)
2.4GHz
(ターボブースト非搭載)
1.8GHz
(ターボブースト非搭載)
コア数 2コア 2コア 2コア 2コア
スレッド数 4 4 4 4
最大TDP 15W 15W 15W 15W
3次キャッシュメモリー 4MB 3MB 3MB 2MB
グラフィックアクセラレーター インテルHD グラフィックス620 インテルHD グラフィックス620 インテルHD グラフィックス620 インテルHD グラフィックス610

特徴として、4つ選択できるCPUの中で、上位2つはターボブーストを使うことで高クロック周波数を叩き出すことができるようになっています。

モバイルPCとは言え、玄人向け(動画編集など)の処理でも安定した動作を実現しています。
(4K動画編集では、4コアプロセッサーが望ましいですが。)

またグラフィックスは今まで通り、統合型でそれぞれ搭載されています。

モバイルPCなので、主は持ち運び時にオフィスを使ったり、インターネットを使ったりということが多いと思います。

こういったことには、十分に対応できる性能を持ったCPUです。

上位2つのCPUなら、軽作業だけでなく、動的なもの(動画編集や画像編集)の処理でも対応することはできるでしょう。

ちなみに、前VAIO S11の第6世代から比較をすると、約12%ほど性能が向上しています。

クロック数

クロック数は基本的な計算能力を示しています。

数字が大きいほうが計算能力が高い、つまり処理速度が早いです。

キャッシュ

超高速な記憶領域の事をキャッシュと言います。

キャッシュのイメージとしては、人間でいうところの短期記憶です。

頭の中ですべて処理できれば早いのと同じで、キャッシュが多ければ処理速度も上がります。

コア数とスレッド数

VAIO S11に搭載できるCPUは、どれもコア数が2でスレッド数が4です。

CPUを事務所に例えると、作業する人数に相当するのがコア数。

事務所で同時に行える作業数がスレッド数になります。

Core i3-6100U事務所には2人いて、4つの仕事を同時進行できます。
Core i5-6200U事務所には2人いて、4つの仕事を同時進行できます。
Core i7-6500U事務所には2人いて、4つの仕事を同時進行できます。

例えば、4コアプロセッサーの場合はコアが4つでスレッド数が8です。

4コアのようにパワーがあるCPUは発熱量が大きく、ある程度本体に大きさがないと発熱対策ができません。

VAIO S11のようにコンパクトな本体では、CPUを搭載するにも工夫が必要なんです。

11.6インチ~13.3インチのノートパソコンでは、Core i7-7500Uはかなり上位のCPUです。

メモリーには16GB(オンボード)が新しく追加されました

前VAIO S11では、最大で8GBメモリーまでしか搭載できませんでしたが、新VAIO S11では16GBメモリーを選択し、搭載できるようになりました。

もちろん、メモリーを多く載せれるので、作業効率はより向上します。

インターネットブラウザのタブを多く起動して作業したり、ソフトを多く起動させていたりしても、サクサクと動いてくれます。

第三世代ハイスピードプロSSDを搭載できるようになりました

昨年2016年の11月15日にVAIO Zに搭載され、そのアクセスの速さで話題を呼んだ「第三世代ハイスピードプロSSD」が新VAIO S11でも搭載できるようになりました。

第三世代ハイスピードプロSSDは、通常のSSD(SATA)に比べると、読み込みで約6倍、書き込みで約3倍も高速になると言われています。

それは、どこにでも持ち運びを目指したVAIO S11ではとても相性が良くて、至るところで求められる高速な処理を余裕でこなしてしまうことができます。

さらに先ほどの16GBメモリーとの相性も良く、動作の超高速化を実現できます。

容量も最大で1TBまで選択できるので、モバイルシーンだけでなく、メインのPCとしても使える性能に向上しています。

それにしても、なぜ第三世代ハイスピードプロSSDはそんなに高速なのか?

VAIO Zが搭載する第三世代ハイスピードプロSSDとは?

LTEはより使いやすく進化しました

前VAIO S11でも「LTE」は搭載されていましたが、新VAIO S11でも継承されています。

しかも、ただ継承されただけでなく、より使いやすく進化して搭載されています。

LTEは内臓されていて、今まで通りにフリーSIMカードを挿入しネットワークを行なうということは変わりませんが、注目なのは「Windows10 データプラン」に新VAIO S11は対応し始めたというところです。

Windows10 データプランとは?

従来のフリーSIMカードでは、各キャリアで契約を交わして、契約内容に応じたインターネットサービスを受けていたと思います。

月の料金が定額で、使用データ量がある一定まで到達すると通信速度に制限が掛かる。

そういった流れは、メジャーだったと思います。

しかし新VAIO S11で対応する「Windows10 データプラン」は簡単に言うと、「プリペイド式」と表現すれば分かりやすいと思います。

プリペイド式なので、データ通信を行いたいときに、必要なデータ分を購入して使うということです。

毎月使う量がバラバラでも金額は一定金額払っているなどの場合には、使った分だけ支払いをするということで節約などに、つながります。

またこのデータプランはWindows10が提供しているサービスなので、面倒なインストールや設定も不要なのが、使いやすい点でもあります。

本体を購入時に同梱されるSIMカードをLTEスロットに挿入しているだけで、サービスを利用可能です。

もちろん元々キャリアを通じて契約されたフリーSIMカードもmicroSIMカードであれば挿入し使うこともできます。

LTEスロットには、新VAIO S11からカバーも付いたのでホコリやゴミから防御もできて、さらに紛失もしないように考慮されています。

↓ VAIO社の専用ページです。
「"どこでも"最適オンライン」が、もっと手軽に!

インターフェースには"HDMI"が搭載されました

前VAIO S11では、搭載されていなかった「HDMI出力端子」が新VAIO S11で搭載されるようになりました。

正確には、前VAIO S11でもHDMIは対応させることはできました。

前VAIO S11は「USB3.1 Type-C」と呼ばれる次世代規格で可能にしていました。

このように、USB3.1 Type-Cに対応したハブを用いることで、周辺機器を増設するというイメージでした。

この規格を用いたことで便利な点は、ケーブル1本を抜き差しするだけで、自宅で使うときと持ち運びするときを簡単に切り替えられるということです。

本体に接続したケーブルは多ければ多いほど抜き差しが面倒になったりします。

USB3.1 Type-Cでは、そういった拡張性はかなり広かったと思います。

しかし新VAIO S11ではそのUSB3.1 Type-Cを廃止して、代わりにHDMI出力端子を搭載しています。

これは、プレゼンなどに意識を高めたことだと個人的には思います。

実際にVAIO S11のサイズなら最適なモバイルPCですが、出先でHDMI互換しかない状況になったときに、USB3.1 Type-Cでは、対応ハブを持ち運ばなければなりませんよね。

HDMI出力をするのが大変でしたので、思い切って搭載させたのではないかと思っています。

USB3.1 Type-Cでは、対応した周辺機器なども購入しなければなりませんし、現状では少しマニアックなのかもしれません。

それに比べるとHDMI出力端子とUSB3.0をメインにしたことでシンプルで使いやすさにもつながるとも思います。

↓ USB Type-Cの関連記事を過去作成していましたが、予想は当たったんですかね?(笑)

今後のVAIOに搭載されるのか?USB Type-Cについて

指紋認証による高いセキュリティー機能

新VAIO S11では、指紋認証を新しく搭載しています。

セキュリティー性を高めることと、指紋認証による即起動を行えるのは近未来的で個人的にはそそられます。

見た目的にも、The指紋認証といったものでなくタッチパッド風にさりげなく搭載されているので問題ありません。

前のVAIO S11よりも軽くて薄い!!

発売時期 2017年9月発売モデル 2015年12月発売モデル
重量 約840g 約920g
外形寸法(mm) 幅 283.4
高さ 15.0~17.9
奥行 195.5
幅 284.0
高さ 16.4~19.1
奥行 190.4

新VAIO S11は、前VAIO S11よりも軽量になり、最薄部も約1.4mm薄くなっていました。

ちなみに、前VAIO S11でもかなり軽量で極薄でしたが、それよりも軽くて薄いとは・・・。

本当に無駄な部分を削っているのは間違いないようです。

キーボード面を一枚物へ変更したことなども要因になると思いますが、デザインが前VAIO S11とは異なっているので、そのことが今回の更なる軽量化・薄型化に繋がっているんですね。

幅と奥行きの面積は新VAIO S11の方が大きいのに対して、軽量化したというのは凄いですね。

こういう細かな部分が持ち運びやすさを高めてくれるポイントになっていますね。

「新VAIO S11を購入する!」前の注意点

個人的に、モバイルPCが欲しいのでとても魅力的になったVAIO S11ですが、2017年9月発表された時点での注意点があります。

VAIO S11 LTEモデルの発売は10月27日(金)から

今回のVAIO S11では、LTEの使い勝手が大きく向上しました。

やはりLTEを使いこなしたいと思っている方も多いと思います。

ですが、ソニーストアで購入できるVAIO S11は「LTE搭載モデル」「LTE非搭載モデル」それぞれに分かれています。

LTE非搭載モデルは2017年9月現在では選択することはできますが、LTE搭載モデルは2017年10月27日(金)から発売になりますので、ご注意を!

※2017年10月に入り、LTE搭載モデルも選択可能になりました。
受注は行っているものの、お届けは2017年10月27日(金)になります。

最短でVAIO S11 LTE搭載モデルを入手したい場合は、今から注文しておくのもいいと思います。

まとめ

今回は、新しくなったVAIO S11のスペックについてまとめました。

個人的に思ったことは、スペックの選択肢がすごく充実したことと、よりモバイルに特化したサイズや性能だと思いました。

モバイルPCとしては、高性能すぎるCPUやストレージも選択可能になったことで、仕事での色んな場面で頼りになるパソコンなのは間違いないです。

また、以前のS11でもコンパクトでしたが、新VAIO S11はさらなるコンパクト化にも成功した点も、持ち運びの効率を考えると大きい進化です。

VAIOの中で「本物のモバイルPC」を求めるなら、VAIO S11は最適なマシンに仕上がっていました。

VAIO S11 (VJS1121) 商品について

VAIO S11は上記の4色(ブラック / シルバー / ホワイト / ブラウン)から選択できます。

ソニーストアでは、いつも通りオーダーメイド形式になっていますので、パーツ内容を選択し、購入してください。

LTE搭載モデル希望の方は、10月27日以降のお届けです!

ソニーストア VAIO S11 商品詳細ページ

ソニーストア VAIO S11 購入ページ

VAIO S11 スペック

VAIO S11は2017年9月に新モデル(2017年秋モデル)が発表されました。これまでのS11を強化し「新たなLTE」を搭載した話題のモデルになっています。最新モデルはソニーストアで販売中。

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

キャンペーン期間 : VAIO本体のキャンペーンは現在行っていません。

VAIO Z フリップモデル
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO Z クラムシェルモデル
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO S11(2017年秋 新モデル発表されました)
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO S13(2017年秋 新モデル発表されました)
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO S15(2017年秋 新モデル発表されました)
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO C15
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO Z Canvas
販売終了しました

VAIOロゴ入りPCケースプレゼント
キャンペーン期間中にVAIO S11・S13のいずれかを購入すると、先着順でVAIOロゴの入ったPCケースをプレゼント。
数量限定により無くなり次第終了するのでご注意を。キャンペーン期間:2017年9月21日(木)PM1:00~無くなり次第終了

VAIO買い替え応援キャンペーン
最終査定金額に+5,000円の下取りキャンペーンです。

ソニー製の一部(*1)VAIOは、最終査定金額に+7,000円で下取りを行います。
VAIO Zの場合は、最終査定金額に+10,000円で下取りを行います。

(*1)ソニー製VAIO DUO、VAIO Pro、VAIO Fit、VAIO Tapシリーズ

お支払方法で「ソニーストアお買物券」を選択すると、「現金」よりさらに10,000円を加算してVAIOやソニー商品の購入に使えるお買物券を発行しています。

キャンペーン中は最大で20,000円お得になります。

キャンペーン期間:2017年9月1日(金)AM9:00~2017年12月25日(月)AM9:00

過去に実施されたキャンペーンを確認してみる。

      2017/10/03

 - VAIO S11 , , ,