名古屋市のSONY販売店 カトーデンキのホームページへ

VAIOのおすすめカスタマイズ

ビジネスノートパソコン「VAIO」のレビューと失敗しないカスタマイズ例を紹介!

VAIO C15で「広視野角フルHDディスプレイ」が選択可能になりました。

15.5型ワイド液晶を搭載したオールインワンモデルのVAIO。それがVAIO C15。幅広のボディを活かし、キーボード横にテンキーを搭載。さらにDVD(ブルーレイ)ドライブも内蔵。これ一台であらゆる作業がカバーできます。最新モデルはSONYストアで販売中。

2017年3月23日現在でソニーストアを確認してみたら、VAIO C15のディスプレイで新しく「広視野角フルHDディスプレイ」が選択可能になっていました。

画面解像度は、「フルHD(1920×1080ドット)」と「WXGA(1366×768ドット)」が元々ラインナップされていましたが、新たに「広視野角フルHDディスプレイ」として選択肢が増えたということです。

C15はVAIOの中では、リーズナブルな価格とデスクPCとして使いやすいと人気が高いので、今回の「広視野角フルHDディスプレイ」が追加されたことは嬉しいニュースですね。

「広視野角フルHDディスプレイ」とは?

広視野角フルHDディスプレイとは、フルHDディスプレイに比べると視野角が広く設定されているディスプレイです。

おおよそではありますが、広視野角フルHDディスプレイでは「左右が約80度」「上下が約105度」それぞれ広い視野角を実現しています。

ちなみに、VAIO S15も広視野角フルHDディスプレイを選択できます。

VAIO S15の場合は「左右が約80度」「上下が約100度」なので、比較するとVAIO C15の方が上下の視野角が広いディスプレイです。

アンチグレア液晶とグレア液晶について

アンチグレア液晶(ノングレア液晶)

外の光の映り込みの事をグレアと言い、そのグレアを抑える処理をする意味でアンチグレアと呼びます。
外光の反射で画面の見えづらいというストレスなどを解消してくれるのと、目の疲れを軽減する効果が発揮できます。

じゃあ、アンチグレア液晶とグレア液晶どっちが良いのか?

素朴に思う事でしょうが、答えは機種によって異なります。
でもこのC15はどちらからも選ぶ事が出来ますが、一部条件があります。
後に説明します。

では先ほどアンチグレア液晶について説明したので、今度はグレア液晶について。

グレア液晶

過去の液晶ディスプレイにはグレア対策として画面に細かい凸凹が設置されていました。
しかし、この凸凹によって画面に光が拡散されて全体的に白っぽくこもったように表現されてしまいます。
なので、あえてグレア対策をせずに光の拡散を抑えて色の表現力を失わずに写し出す事が出来る仕組みです。
よって画面の光沢感が強調された製品(グレア液晶)になったのです。

それぞれの特性から比べると全く相対的な画面になっています。

アンチグレア液晶
・長所

  • 外光の映り込みを抑える
  • 目への負担を軽減する

・短所

  • 色の表現力がグレア液晶に劣る
グレア液晶
・長所

  • 画質は鮮明で美しい

・短所

  • 外光の映り込みがあり配置などが重要
  • 目がアンチグレア液晶よりも疲れやすい

元々は日立製作所が2001年からノートパソコンにグレア液晶を搭載した事がきっかけになって、その後各社が搭載。
日立「ラスタビュー」、ソニー「クリアブラック」、富士通「スーパーファイン」、NEC「スーパーシャインビュー」とブランド名を確立していました。

今の市場では、どちらも多数種類があるので、好みで選びやすくなっていますね。

VAIO C15はディスプレイの解像度によって、アンチグレア or グレア を選択する事ができます。

  • フルHD(1920×1080)の選択時はグレア液晶
  • 広視野角フルHD(1920×1080)・WXGA(1366×768)の選択時にはアンチグレア液晶

になります。

なので、大画面を生かした映像コンテンツなどを楽しみたい場合は、フルHDを選択すれば情報量と鮮明さを選択できるようになっています。

ただ長時間の仕事などにC15を使うならば疲労軽減のアンチグレア液晶は非常に相性が良いです。

カスタマイズ・価格について

ソニーストアで選択のときには、プロセッサーとディスプレイがセットになっています。

今回の広視野角フルHDを選択する場合は、Core i3-5005U(2GHz)と同時に選択することになります。

今までの、Core i3-5005U(2GHz)+フルHDと価格比較してみても広視野角フルHDディスプレイの場合は+3,000円になるので、フルHDディスプレイで選ぶなら広視野角フルHDディスプレイはお得と言えます。

ちなみに広視野角フルHDディスプレイを選ぶときに、カラーなどの制限などは設けられていません。

VAIO C15製品ページ

VAIO C15 ソニーストアページ

VAIO C15 スペック表

VAIO C15 関連記事

VAIO C15カスタマイズ購入徹底ガイド

VAIO C15とVAIO S15の違いを徹底的に比較してみた!

VAIO C15が手元に到着!美しいボディーの実機レビュー

VAIOに新モデルがキター!デザインで魅せたい方にピッタリなVAIO C15

15.5型ワイド液晶を搭載したオールインワンモデルのVAIO。それがVAIO C15。幅広のボディを活かし、キーボード横にテンキーを搭載。さらにDVD(ブルーレイ)ドライブも内蔵。これ一台であらゆる作業がカバーできます。最新モデルはSONYストアで販売中。

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

VAIO Z フリップモデル
メモリーアップグレードキャンペーン実施中(2018年1月18日(木)9:00まで)
「16GB」:通常販売価格30,000円 ⇒ 10,000円

VAIO Z クラムシェルモデル
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO S11(2017年秋 新モデル発表されました)
SSDアップグレードキャンペーン実施中(2017年11月30日(木)9:00まで)
「第三世代ハイスピードSSD 256GBへアップグレード」:通常販売価格20,000円 ⇒ 17,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GBへアップグレード」:通常販売価格60,000円 ⇒ 55,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TBへアップグレード」:通常販売価格125,000円 ⇒ 118,000円

VAIO S13(2017年秋 新モデル発表されました)
SSDアップグレードキャンペーン実施中(2017年11月30日(木)9:00まで)
「第三世代ハイスピードSSD 256GBへアップグレード」:通常販売価格20,000円 ⇒ 17,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GBへアップグレード」:通常販売価格60,000円 ⇒ 55,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TBへアップグレード」:通常販売価格125,000円 ⇒ 118,000円

VAIO S15(2017年秋 新モデル発表されました)
SSDアップグレードキャンペーン実施中(2017年11月30日(木)9:00まで)
「第三世代ハイスピードSSD 256GBへアップグレード」:通常販売価格30,000円 ⇒ 27,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GBへアップグレード」:通常販売価格70,000円 ⇒ 65,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TBへアップグレード」:通常販売価格135,000円 ⇒ 128,000円

VAIO C15
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO Z Canvas
販売終了しました

VAIOロゴ入りPCケースプレゼント
キャンペーン期間中にVAIO S11・S13のいずれかを購入すると、先着順でVAIOロゴの入ったPCケースをプレゼント。
数量限定により無くなり次第終了するのでご注意を。キャンペーン期間:2017年9月21日(木)PM1:00~無くなり次第終了

VAIO買い替え応援キャンペーン
最終査定金額に+5,000円の下取りキャンペーンです。

ソニー製の一部(*1)VAIOは、最終査定金額に+7,000円で下取りを行います。
VAIO Zの場合は、最終査定金額に+10,000円で下取りを行います。

(*1)ソニー製VAIO DUO、VAIO Pro、VAIO Fit、VAIO Tapシリーズ

お支払方法で「ソニーストアお買物券」を選択すると、「現金」よりさらに10,000円を加算してVAIOやソニー商品の購入に使えるお買物券を発行しています。

キャンペーン中は最大で20,000円お得になります。

キャンペーン期間:2017年9月1日(金)AM9:00~2017年12月25日(月)AM9:00

過去に実施されたキャンペーンを確認してみる。

   

 - VAIO C15 , , , ,