名古屋市のSONY販売店 カトーデンキのホームページへ

VAIOのおすすめカスタマイズ

ビジネスノートパソコン「VAIO」のレビューと失敗しないカスタマイズ例を紹介!

まるでプロコーチ!?解説者!?見ているプレー動画に線や文字を書き込む方法

VAIO S13は2017年9月に新モデル(2017年秋モデル)が発表されました。新モデルではLTE機能を搭載したことや、今までよりも高速アクセスできる「第三世代ハイスピードプロSSD」を選択可能に!最新モデルはソニーストアで販売。

VAIO&BRAVIA
今回はハンディカムやアクションカム、スマホ、ドローンなどで撮影した映像を、パソコンに取り込んだ後に大画面テレビへ出力する方法を紹介します。

サッカーやアメフトの中継などでよくある、動画に直接文字や線を書き込むやり方も紹介します!

今回のゴール

今回のゴールの形、完成形は

右サイドバックのオーバーラップからニアに低くて速い球を出し、ニアに走り込んだ1枚目のフォワードがつぶれて、ファーから走り込んだ選手が決める」です!




間違えました!

本当はこっちです。

DSC00061

「撮影した動画をテレビに映し出し、動画に文字や線を書きながら、選手やボールなどの動きのイメージを解説するできるようにする」

です!

今回使ったもの

  • ハンディカム
  • VAIO S13
  • HDMIケーブル
  • ブラビア(X9350Dシリーズ)
  • 外付けHDD(あっても無くても良い)

動画を撮影する道具について

動画を撮影出来るなら何でもいいわけですが、

サッカーやバスケットなどの試合を撮影するならハンディカムがオススメです。

スマホやデジカメなどでも動画を撮れますが、長時間なら、持ちやすさや、連続撮影可能時間などの面でハンディカムが便利です。

逆に短時間なら、スマホやカメラでも問題ありません。

パソコンはタッチパネル搭載を

今回はVAIO S13を利用しましたが、もちろんVAIO S13以外のパソコンでも同じように使うことはできます。

ただ、動画に文字や線を書き込むことを考えると、タッチパネルが搭載されている機種が良いです。

タッチパネルが搭載されている機種ならスタイラスペンで書き込めます。

もしタッチパネルが搭載されていないとマウスで書き込むことになるので、とても不便になると思います。

テレビについて

テレビにはHDMIに対応していれば大丈夫です。

あとは、画質や画面の大きさといった話になります。

外付けHDDについて

今回は外付けHDD内の動画を映し出すために、外付けHDDも接続していますが、あってもなくてもどちらでも良いです。

ただ、動画はデータ量が大きいので、パソコンの容量ではすぐ足りなくなるかもしれません。

初めはパソコンの中に動画を保存しておいて、多くなってきて容量が少なくなってきたなと感じたら、

外付けHDDを購入して、動画を移せば大丈夫です。

実践編!

VAIOとブラビアを接続する

DSC00047
動画はすでにパソコンに取り込んであるという想定で進めていきます。

VAIO S13のHDMI端子とX9350DシリーズのHDMI端子をHDMIケーブルで接続します。

HDMIならVAIO側の細かい設定なども必要ありません。

ブラビアのHDMI1と接続した場合は入力切替で「HDMI1」を

HDMI2と接続した場合は「HDMI2」に入力切替すれば、

VAIOの画面がブラビアの画面に映し出されます。

DSC00048

今までVAIOの画面で見ていたコンテンツをブラビアの大画面で楽しむ事ができるようになりました!

ミーティングなど大勢で同じ映像を見たい場合は、テレビやプロジェクターなどに映し出すと見やすく共有しやすいので、良いですね。

DSC00049

ちなみに、パソコンは動画を保存している外付けHDDと接続してあります。

VAIOのHDMI端子はテレビ裏側のHDMI端子と接続されています。

VAIO S15やVAIO C15のように大容量のHDDやハイブリットHDDの搭載できるパソコンならある程度の動画の保存は問題なくできます。

ただSSDの256GBなどでは容量的に多くの動画を保存するのは難しいので、外付けのHDDは用意した方が良いですね。

動画に文字や線を書き込む方法

子供のバスケ試合を家族で見ていたとして、動画を見ながら

「ココをもうちょっとこうすればなー」
「こっちにパス出せば良かったんじゃないか?」
「この時はこっちからこういう風に動くと良い」

そういった反省会をされる方も多いと思います。

そういったときに、試合のビデオに直接線や文字を書き込めたら説明がもっとわかりやすく楽しくなると思いませんか?

DSC00057
上の写真は画面に書き込んだものです。

動画が再生されている間も、ずっと「バスケが...」という文字は出たままになってます(笑)

直書きデスクトップというフリーソフトを利用します。

直書きデスクトップを用意しよう

20160816_160615

タッチペンやマウスなどで直接デスクトップに書き込むツールとして「直書きデスクトップ」をインストールします。

通常のデスクトップ画面の上に、透明な板(レイヤー)があって、そこへ自由に書き込んだり消したりするイメージです。

直書きデスクトップ ダウンロード Vecterより

ダウンロード後に解凍してフォルダーが生成されればOKです。

20160816_160913

「直」って書いてあるアイコンをクリックして起動します。
すると起動してすぐにチュートリアルが出てきます。

20160816_160515
色を変えたり、ペンの太さだったりをキーボードのショートカットで変更できるという事です。

よく使うのは、

  • 現在書き込んである書き込みをすべて消す「Delete」ボタン
  • ペンの太さを変える「1」~「9」の数字ボタン
  • キー操作の一覧(上のヘルプ画面)を表示させるHボタン

ですね。

ここまで来れば、あとはVAIOのディスプレイ上に文字などを書き込めば・・・

DSC00056

テレビに映し出されて、遊びや勉強やプレゼンに大活躍できるツールにもなるわけです。
DSC00058

DSC00059

DSC00061

こんな感じに書き込めます!

まさにサッカー番組の解説者のようなツールになりました!

凄く便利で面白くて簡単にできます。

是非トライしてみてください。トライ!

オススメの製品と注意ポイント

タッチパネル搭載のVAIO

今回の方法ではタッチパネルを搭載しているものを使うのがオススメです。

というのもタッチパネルを搭載したモデルならば、

スタイラスペンなどを使って書き込むことができます。

ちなみに今回使ったVAIO S13のタッチパネル搭載モデルでした。

タッチパネルを搭載できるVAIOを紹介します。

  • VAIO Z フリップモデル※クラムシェルは非搭載
  • VAIO Z Canvas
  • VAIO S13
  • VAIO S15

VAIOの中では、上記のモデルがタッチパネルを搭載可能です。

この中でも、オススメはS15とVAIO Zフリップになります。

20160419_135856
VAIO S15製品情報ページ

VAIO S15は一番の大画面でタッチパネルです。
画面が大きい分書き込めるスペース広く確保できて、今回の使い方にはピッタリです。

20160722_163701
VAIO Z フリップモデル製品情報ページ

VAIO Z フリップモデルなら、プレゼンスタイルやタブレットスタイルに変形できます。

タッチパネルへ書き込むときにかなり使いやすい形状です。

高画質な動画なら、4K動画を撮影できるモデルがオススメ

動画の撮影で気になるのは映像ソースの美しさ!

自分が子供ときには有りえないほどに高画質な映像を残せる時代になりました。

レジャーやスポーツのときに動画を撮影して思い出を残す方や、子供の成長を記録として動画撮影したりと、思い出はキレイな状態でいつまでも残しておきたいですよね。

なので、ちょっとだけカメラのご紹介から。

20160714_101827FDR-AX100 商品詳細へ 20160714_112803FDR-X3000 商品詳細へ

左がハンディカム:FDR-AX100、右がアクションカム:FDR-X3000

どちらも4K動画を撮影できて超高画質な映像を保存できる逸品です。

しかし、両者は使用環境においては全然使い勝手が変わってくるんです。

試合の撮影にはハンディカムが便利

ハンディカムのFDR-AX100はやはり形状的にもパパの手に納まるイメージです。

そう、家族の思い出をパパが残すあのスタイルです。

子供も行事や家族旅行に活躍できる高画質ハンディカムです。

もっとも4Kハンディカムはちょっとお値段がします。

4Kアクションカムのほうがお手頃価格だからといって、アクションカムを購入するのは止めた方が良いです。

アクションカムはとても良い製品ですが、試合の撮影には不向きだからです。

フルHDモデルのハンディカムを購入される方が良いと思います。

>>デジタルビデオカメラ Handycam ハンディカム | ソニー

アクションカムは試合の撮影には不向き

右のアクションカムはというと、スポーツやレジャー向け。

どちらかというと、趣味のほうに活用しやすいカメラです。

あとは、カメラを自転車やバイクに固定して迫力のある角度で撮影出来たりも簡単に行えます。

ツーリング仲間で映像を撮影して、皆で思い出しながら乾杯なんてのも最高じゃない!

凄くコンパクトなサイズなのでコレ一台あると自分の趣味をもっと楽しくさせること間違いなし!

ただ、ズーム機能であったり、画角といった面から試合の撮影を考えると、どうしてもハンディカムに軍配があがります。

デジタルカメラ "Handycam ハンディカム" 他にも4K撮影できるモデルありますよ!

アクションカムも合計で3機種ラインナップ。それぞれのモデルもチェック!

アクションカムが熱い!VAIOをもっと楽しくさせる!

撮影した動画の取り込み・管理はPlay Memories Homeがオススメ

PMO SD

高画質に撮影した動画をVAIOへ接続するとPlayMemoriesHomeが自動で立ち上がり、取り込みを促されます。

20160816_120500
SDカードやカメラを接続したときに起動するのがうっとうしい場合は、設定で起動しないようにできます。

初期設定では、起動する設定になっています。

個人的には、初期設定のままですぐに取り込めるようにしておけば楽だと思います。

取り込めば、撮影日ごとに分けられて再生・DVDやBDへの書き込み・ちょっとした編集が可能になります。

写真管理も同様で、別にまとめた記事があります。そちらも参考にしてください

写真を簡単に管理・編集する!それに最適なVAIOはS15??

PlayMemoriesHomeを活用する事で今回のブラビアへの出力に対してだけではなくて、編集や書き出しへの操作の短縮などが簡単にできるようになるので便利なソフトです。

Home | PlayMemories | ソニー

VAIOのHDMI出力時の最大解像度の調査

HDMIでVAIOとブラビアを接続すれば、画面が表示されるようになります。

ですが、画質の面で微妙に違いがあります。

HDMIで接続してVAIOから出力される解像度について調べてみます。

解像度とは、画面を表示する細かさの事です。
解像度が高ければ高いほど、画面の映像などは細かくきれいに表示されます。
VAIOモデル名 HDMI出力 出力最大解像度
VAIO Z
フリップモデル/クラムシェル
対応 4096×2160/24Hz
3840×2160/30Hz
VAIO Z Canvas 対応 4096×2160/24Hz
3840×2160/30Hz
VAIO S11 非対応
VAIO S13 対応 4096×2160/24Hz
3840×2160/30Hz
VAIO S15 対応 4096×2160/24Hz
3840×2160/30Hz
VAIO C15 対応 1920×1080

各モデルの情報を見ると、VAIO S11の非対応とVAIO C15の出力解像度が1920×1080である事以外は同じのようです。

ちなみにVAIO S11に関しては、USB-Type Cを利用すれば

・4096 x 2160/30Hz
・3840 x 2160/60Hz

の解像度を出力可能になります。

sony_cable_450_420

4Kディスプレイや4Kテレビの普及もあって、VAIOも4K画質での出力が標準のようです。

ただ、出力が4K画質でも、受け手(テレビ)が4Kを表示できなければ、4K画質になりません。逆も同じです。

動画を4Kカメラで撮影しているのなら、4Kブラビアで映すのが本当にキレイです。

もっとも、試合の映像を見ながらの反省会ということであれば、フルハイビジョンでも十分な画質といえます。

4K画質で出力したいという場合は、VAIO C15以外の機種を選ぶのが良いですね。

テレビは大画面の4K対応なら間違いない!

p_x9350d
今回実践したのは、こちらのBRAVIA・X9350Dシリーズです。
サイドにスピーカー搭載してある高画質&高音質モデルです。

4K×ハイレゾのハイエンド液晶テレビ!ブラビアX9350Dシリーズレビュー

p_x9300d
画質で見るとオススメなのが、このX9300Dシリーズです。
直下型LED並みの部分駆動を実現したSlim Backlight Driveを搭載したハイエンドモデルです。

2016年春モデルブラビアの中で最高の画質を誇りながらも、超薄型のデザインを実現したモデルです。

2016年春モデル4Kブラビア最高画質。X9300Dシリーズレビュー!

店頭にお越しなら実践して教える事が可能です!

今回実践させてもらった事で、店頭に来ていただければ実践させていただいてから機能説明を行っています。

VAIOのみならず、ブラビアやアクションカムも展示してますので、実機に触れてもらってからの商品選びが可能です。

是非とも当店をご活用してください!

2014-9-20-DSC00016

電話番号:052-751-2192
営業時間:9:00~19:00
定休日 : 毎週水曜日

カトーデンキで触れるVAIO
・VAIO Z フリップモデル
・VAIO Z クラムシェル
・VAIO S15
・VAIO C15
・VAIO S13
・VAIO S11
・VAIO Z Canvas

名古屋周辺ではない方もツイッターを使った購入アドバイスは行う事が可能ですので、ツイッターへ連絡いただければありがたいです。
まずはフォローからお願いします。

>>僕のツイッターへはコチラからどうぞ!

今回の実践したVAIOはコチラ

vaio-s-13-image

使いやすくてストレスフリー VAIO S13 「VJS1311」

どこでも本領発揮のマルチモデル。
最も支持されているVAIO

図3

>>VAIO S13 カトーデンキ実機レビューへ
>>VAIO S13 ソニーストアカスタマイズポイント

20160722_163701

ハイスペックPC & タブレット VAIO Z フリップモデル「VJZ13B1」

モバイルPCとデスクPCとタブレットのスリーinワンのモンスターPC

図1

>>VAIO Z フリップモデル カトーデンキ実機レビューへ
>>VAIO Z フリップモデル ソニーストアカスタマイズポイント

VAIO S13は2017年9月に新モデル(2017年秋モデル)が発表されました。新モデルではLTE機能を搭載したことや、今までよりも高速アクセスできる「第三世代ハイスピードプロSSD」を選択可能に!最新モデルはソニーストアで販売。

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

VAIO Z フリップモデル
メモリーアップグレードキャンペーン実施中(2018年1月18日(木)9:00まで)
「16GB」:通常販売価格30,000円 ⇒ 10,000円

VAIO Z クラムシェルモデル
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO S11(2017年秋 新モデル発表されました)
SSDアップグレードキャンペーン実施中(2017年11月30日(木)9:00まで)
「第三世代ハイスピードSSD 256GBへアップグレード」:通常販売価格20,000円 ⇒ 17,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GBへアップグレード」:通常販売価格60,000円 ⇒ 55,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TBへアップグレード」:通常販売価格125,000円 ⇒ 118,000円

VAIO S13(2017年秋 新モデル発表されました)
SSDアップグレードキャンペーン実施中(2017年11月30日(木)9:00まで)
「第三世代ハイスピードSSD 256GBへアップグレード」:通常販売価格20,000円 ⇒ 17,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GBへアップグレード」:通常販売価格60,000円 ⇒ 55,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TBへアップグレード」:通常販売価格125,000円 ⇒ 118,000円

VAIO S15(2017年秋 新モデル発表されました)
SSDアップグレードキャンペーン実施中(2017年11月30日(木)9:00まで)
「第三世代ハイスピードSSD 256GBへアップグレード」:通常販売価格30,000円 ⇒ 27,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GBへアップグレード」:通常販売価格70,000円 ⇒ 65,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TBへアップグレード」:通常販売価格135,000円 ⇒ 128,000円

VAIO C15
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO Z Canvas
販売終了しました

VAIOロゴ入りPCケースプレゼント
キャンペーン期間中にVAIO S11・S13のいずれかを購入すると、先着順でVAIOロゴの入ったPCケースをプレゼント。
数量限定により無くなり次第終了するのでご注意を。キャンペーン期間:2017年9月21日(木)PM1:00~無くなり次第終了

VAIO買い替え応援キャンペーン
最終査定金額に+5,000円の下取りキャンペーンです。

ソニー製の一部(*1)VAIOは、最終査定金額に+7,000円で下取りを行います。
VAIO Zの場合は、最終査定金額に+10,000円で下取りを行います。

(*1)ソニー製VAIO DUO、VAIO Pro、VAIO Fit、VAIO Tapシリーズ

お支払方法で「ソニーストアお買物券」を選択すると、「現金」よりさらに10,000円を加算してVAIOやソニー商品の購入に使えるお買物券を発行しています。

キャンペーン中は最大で20,000円お得になります。

キャンペーン期間:2017年9月1日(金)AM9:00~2017年12月25日(月)AM9:00

過去に実施されたキャンペーンを確認してみる。

      2017/06/12

 - VAIO S13, VAIO S15, VAIO Z, VAIO Z Canvas , ,