名古屋市のSONY販売店 カトーデンキのホームページへ

VAIOのおすすめカスタマイズ

ビジネスノートパソコン「VAIO」のレビューと失敗しないカスタマイズ例を紹介!

VAIO Z フリップモデル タブレット型にして使い心地をレビュー!

今回は、VAIO Z フリップモデルをタブレット型にした使い心地についてレビューします。

パソコン型とタブレット型をすぐに使い分けることができるVAIO Z フリップモデルです。

主に、タブレット型に焦点を置いて個人的な体感と少しだけ映像作品を見て楽しみました。

ビジネス寄りの性能ではあるものの、趣味の方にも十分に活かせると思いますので、紹介していきます。

今回はVAIO Z フリップモデルの使い心地についてのレビューです。

スペック・デザインに関する実機レビューはこちらです。

2016年モデルVAIO Zシリーズレビュー!世代最高クラスのスペックを誇る「名品」

3秒でパソコン⇒タブレットへ

VAIO Zシリーズ フリップモデル

最初は、画面を回転させてタブレット型へ。

「RELEASEスイッチ」をスライドさせてから、ほんの3秒です。

VAIO Zシリーズ フリップモデル

画面を回転すれば、自動的にメニューデザインなどもタブレット仕様へ変更されます。

あとは、タッチペンもしくは指先での操作でOKです。

反応速度も速くて、さすがノートパソコンベースで構成されているスペックという感じです。

自立スタンド付き

VAIO Zシリーズ フリップモデル

VAIO Z フリップモデルは、パソコン本体を画像のようにスタンドにすることも可能です。

ディスプレイの角度はほんとに思いのままになります。

ヒンジ部はしっかりしているにで、普通の操作なら微動だにしないです。

VAIO Zシリーズ フリップモデル

タッチペンを使った操作がすごく楽に使えました。

パソコンとタブレットを両立している事で、指先での操作による「指紋残り」が気になってしまいます。

本体をスタンドにして固定させればタッチペンである程度の操作は可能です。

基本的にメニューの大きさや文字入力に関しては、大きく表示されるので、誤入力を回避しやすいデザインになっています。

動画を見るときは一味違う

さきほどの、本体をスタンドにした使いかたでAIBOと動画を見てみようと思います。

VAIO Zシリーズ フリップモデル

フリースタイルに対応する形状で、キーボード部などの邪魔なものが視野に入らず映像への入り込みがより満足のいくものでした。

VAIO Zシリーズ フリップモデル

13.3型ワイドの画面が一人で見るにはちょうどいいです。

寝転がると、意外とキーボード部が邪魔だったりするので、すごく良いです。

タッチペンから直接操作すれば、キーボードも不要なので、シンプルです。

VAIO Z フリップモデルだからこそ映像を楽しみたい

VAIO Zシリーズ フリップモデル

Youtube以外にも映像コンテンツを楽しみたいなら、映画&ビデオのアプリから購入やレンタルできます。

レンタルショップに行く手間も省けるのはやっぱりこういったサービスの良いところです。

例えば、新幹線の席のテーブルにこういうスタイルで置いて移動中に映画を楽しむにも快適です。

家にいるときには寝室やソファーの上で寝転がりながら、くつろぐのにも最適なスタイルです。

インターネット閲覧の使用感

VAIO Zシリーズ フリップモデル

起動はインターネットエクスプローラを起動して検索ワードに入力というのは一連の流れです。

ワード入力はタイピングではなくて、書いて入力する事も出来ます。

検索したいワードを書くと自動認識で入力されていきます。

ただ画像の「VAIOのA」などの線と線がくっついてないと上手く認識されない事がありました。

しっかりと正確に書き込む必要がありました。

VAIO Zシリーズ フリップモデル

検索してページを表示すると画面情報量の多さに驚きます。

WQHD 2560 x 1440の解像度ということが普通のタブレットとはまた違うところです。

大きいページや画像などの情報量の多いページでもサクサク閲覧できました。

タブレットと言えどVAIO Zのモンスタースペックをベースに設定できるのが凄く強力です。

注意するところはタブレット型という事なので、タブレットでも、基本的にはPCのソフトに依存するところです。

なので、windows10搭載のタブレットと考えるのが良いですね。

このVAIOで唯一無二のこのディスプレイ機能でビジネス向けのPCでもくつろぎと楽しさを感じる事ができるでしょうね

VAIO Z フリップモデル レビュー

VAIOをしっかり保護!かっこいい「レザーケース」まとめ

VAIO Z フリップモデル・クラムシェルモデル デザインの違いまとめ

VAIO Zに搭載できる!SSD次世代規格「NVMe」について

VAIO Z限定 ”勝色ダブルアルマイト仕様”の全貌!

VAIO S13とVAIO Zを比較!それぞれの長所・短所のまとめ

VAIO Z フリップモデルのバッテリー事情

VAIO Z フリップモデル 開けてみた!実機開封レビュー

VAIO Z フリップモデル 商品リンク

>>ソニーストア「VAIO Z フリップモデル」製品情報ページ

>>ソニーストア「VAIO Z フリップモデル」購入ページ

>>VAIO Z フリップモデルスペック表

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

VAIO Z フリップモデル
メモリーアップグレードキャンペーン実施中(2018年1月18日(木)9:00まで)
「16GB」:通常販売価格30,000円 ⇒ 10,000円

VAIO Z クラムシェルモデル
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO S11(2017年秋 新モデル発表されました)
SSDアップグレードキャンペーン実施中(2017年11月30日(木)9:00まで)
「第三世代ハイスピードSSD 256GBへアップグレード」:通常販売価格20,000円 ⇒ 17,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GBへアップグレード」:通常販売価格60,000円 ⇒ 55,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TBへアップグレード」:通常販売価格125,000円 ⇒ 118,000円

VAIO S13(2017年秋 新モデル発表されました)
SSDアップグレードキャンペーン実施中(2017年11月30日(木)9:00まで)
「第三世代ハイスピードSSD 256GBへアップグレード」:通常販売価格20,000円 ⇒ 17,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GBへアップグレード」:通常販売価格60,000円 ⇒ 55,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TBへアップグレード」:通常販売価格125,000円 ⇒ 118,000円

VAIO S15(2017年秋 新モデル発表されました)
SSDアップグレードキャンペーン実施中(2017年11月30日(木)9:00まで)
「第三世代ハイスピードSSD 256GBへアップグレード」:通常販売価格30,000円 ⇒ 27,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GBへアップグレード」:通常販売価格70,000円 ⇒ 65,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TBへアップグレード」:通常販売価格135,000円 ⇒ 128,000円

VAIO C15
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO Z Canvas
販売終了しました

VAIOロゴ入りPCケースプレゼント
キャンペーン期間中にVAIO S11・S13のいずれかを購入すると、先着順でVAIOロゴの入ったPCケースをプレゼント。
数量限定により無くなり次第終了するのでご注意を。キャンペーン期間:2017年9月21日(木)PM1:00~無くなり次第終了

VAIO買い替え応援キャンペーン
最終査定金額に+5,000円の下取りキャンペーンです。

ソニー製の一部(*1)VAIOは、最終査定金額に+7,000円で下取りを行います。
VAIO Zの場合は、最終査定金額に+10,000円で下取りを行います。

(*1)ソニー製VAIO DUO、VAIO Pro、VAIO Fit、VAIO Tapシリーズ

お支払方法で「ソニーストアお買物券」を選択すると、「現金」よりさらに10,000円を加算してVAIOやソニー商品の購入に使えるお買物券を発行しています。

キャンペーン中は最大で20,000円お得になります。

キャンペーン期間:2017年9月1日(金)AM9:00~2017年12月25日(月)AM9:00

過去に実施されたキャンペーンを確認してみる。

      2016/11/14

 - VAIO Z , , , ,